スポンサーリンク

ペレ氏が大腸腫瘍の治療ため入院も容態安定で数日以内に退院へ

Other



“サッカーの王様”として知られる元ブラジル代表FWのペレ氏(81)が、大腸腫瘍の治療のために入院していることが判明した。『ロイター通信』が伝えている。【動画】 ロシアのピッチに“珍客”現る…GKの表情が一変し試合が一時中断サンパウロのアルバート・アインシュタイン病院が8日に発表したところによると、ペレ氏の容態は安定しており、数日以内に退院が可能だという。ペレ氏は、8月31日に定期検査のために同病院
Source: スポーツのニュース

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Other
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Sports News

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました