スポンサーリンク

『最高のスコアラー』デュラントと戦い続けて勝利したPJ・タッカー「KDという壁を乗り越えることができて良かった」

バスケットボール




構成=鈴木健一郎 写真=Getty Images

「悩んで出した決断は間違っていなかった。だからハッピーだよ」

バックスとネッツがGAME7まで、それもオーバータイムまでもつれる激闘を繰り広げる中で、大きな見どころとなったのがケビン・デュラントとPJ・タッカーのマッチアップだ。ネッツの『ビッグ3』のうち、カイリー・アービングは足首を痛めて戦線離脱し、ジェームズ・ハーデンはハムストリング痛を再発させて100%にはほど遠い状況でプレーしていたが、デュラントは絶好調。誰がマークに付いても止められないほどのパフォーマンスを見せていた。

そのデュラントのマークを一手に引き受けたのがPJ・タ

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バスケットボール
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Sports News

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました