スポンサーリンク

阪神8イニング7投手0封リレー 浜地、併殺で執念ドロー呼び込んだ

Other



5回途中から登板し無失点に抑える浜地(撮影・田中太一)
 「阪神3-3広島」(8日、甲子園球場) 阪神は矢野政権最多タイとなる8人継投による執念のドロー。中でも流れを呼び込んだのは五回1死一、二塁の場面でマウンドに上がった3番手の浜地だ。 四回に大山がソロ本塁打を放って2点差に迫り、迎えた五回の広島の攻撃。左打者が3人続く場面で阪神ベンチは藤浪を早々とあきらめ、左腕の桐敷を投入した。 連打を浴び
Source: スポーツのニュース

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Other
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Sports News

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました